カテゴリー
ブログ

石川県西田幾多郎記念哲学館

はじめまして、高林です。外国語ナレーション担当、コーディネーター、翻訳チェッカー、通訳などをさせていただいております。

本日初のブログ参加になります!先日、自宅近くの石川県西田幾多郎記念哲学館へ行ってみたのでご紹介させていただきます。
ここ石川県かほく市生まれの世界的哲学者・西田幾多郎の記念館で、西田氏の直筆原稿や墨蹟、写真等の展示品を見ることができます。とは言っても「え、哲学って何?」というお恥ずかしい知識レベルなため、哲学はスルーし、この記念館を設計した建築家・安藤忠雄さんについて触れたいと思います。

安藤さんの作品はコンクリートとガラスを駆使した幾何学的でモダンなスタイルですが、ここ西田幾多郎記念哲学館もまさにその特徴が表れています。

その他、表参道ヒルズ、東横線渋谷駅、光の教会、本福寺水御堂、南岳山光明寺などなど。その他数多くの代表作があり、安藤さんと言えば日本を代表する世界的な建築家。イェール、コロンビア、ハーバードなどの名だたる海外の名門の教壇に立ち、現在は東京大学名誉教授。プリツカー賞などの数々の賞を受賞。と、輝かしい経歴をお持ちの方ですが、一方で、元プロボクサーの経歴もあり、建築は全て独学。タイガーズファンの親しみやすい大阪のおっちゃん的な一面もあり、とても魅力的な人です。

20代の頃世界を放浪していた際、ガンジス川で生と死が混沌とした状況を目の当たりにし、「人生というものは所詮どちらに転んでも大した違いはない。ならば闘って、自分の目指すこと、信じることを貫き通せばいいのだ。闘いであるからには、いつか必ず敗れるときが来る。その時は、自然に淘汰されるに任せよう」という考えに至り、ゲリラ的な生き方を決意したそうです。
彼のゲリラ的な一面は作品にも反映されていますが、そのパワフル、エキセントリック、且つチャーミングな人柄にも垣間見ることができます。
安藤さんは御年75歳になりますが、今年はパリの新美術館の設計を担当し、現役大活躍中です!

Life is life – whether you go for it or not. Always listen to your gut and stand firm in your faith. Even if you do, sometimes you may get lost along the long journey, and if that happens, just trust that it’s for the best.
安藤さんの格言を自分なりに解釈してみました。
情報や物が溢れる現代社会で、自分を見失わずに律することの大切さを感じされられたお言葉です^^

カテゴリー
ブログ

年轻人能为世界做什么? (若者たちが世界のためにできることは何ですか?)

我是一名法学院的学生,我的每一门课的教授,都曾经在他的课堂上讲过这样一句话,他们常常说:“法律是这么规定的,但是现实生活中……”
现实生活是一种很神奇的生活,在现实生活中,那现尊重规则的老实人,往往一辈子都默默无闻,反倒是那些弄虚作假的人,到最后会名利双收,于是乎,像我这样的年轻人,就经常有那些看着很有经验的前辈过来拍拍你的肩膀跟你说:“年轻人,你还不懂!”
我想问的是:我们年轻人,你能为这个世界做什么?
总有一天,银行行长会是90后,企业家会是90后,甚至国家主席都会是90后,当全社会都被90后占领的时候,我想问你们90后们:“大家想把这个社会变成什么样?”
我知道,不是每一个人,他都能成为那种站在风口浪尖上,去把握国家命运的人物。你我都是再普通不过的升斗小民,是这个庞大的社会机器上一颗小小的螺丝钉。读书的时候,每天都被父母耳提面命,说;“你干啥你都不要给我耽误学习”,毕业的时候,到年投简历,凄凄惶惶地等一家企业收留自己;逢年过节被逼婚,结婚买了房子,要花自己年轻的时候的最好的二十年来偿还贷款……让每一个年轻人都忙着生存,而没有梦想,没有时间关心政治,没有时间关心环境,没有时间关心国家的命运,还哪有什么精力去为这社会做什么?
但是后来我发现,还是有一件事情,你跟我都可以做到,这件事情就是——我们这一代人,在我们老去的路上,一定一定不要变坏,不要变成你年轻的时候最痛恨最厌恶的那种成年人!如果将来你去路边摆摊,你就不要卖地沟油小吃,你不要缺斤短两,你将来开了工厂当了老板,你不要偷工减料,生产一些次品。每一个普通人,他在自己普通的岗位上,做一个好人,是有非常非常重要的意义的,因为我们每一个人,生下来就注定会改变世界。
我是一个学法律的,如果将来我将来是一个公正严明的法官,那么这个社会,就因多了一个好法官,而变好了一点点。我希望大家都记住,即使给了你十万个理由,让你去作恶,你都要保持自己的操守跟底线,仅仅就因为一个理由,这个理由就是,你不是一个禽兽,你是一个人。
我更希望我们所有的90后们,你们都能成为那种难能可贵的年轻人,一辈子都疾恶如仇,绝不随波逐流,你绝不趋炎附势,你绝不摧眉折腰,你绝不放弃自己的原则,你绝不绝不绝不失望于人性……所以我亲爱的90后们,如果将来再是有那些人跟你说:“年轻人你不要看不惯,你要适应这个社会!”这时候你就应该像一个真正的勇士一样直面他,你告诉他:“我跟你不一样,我不是来适应社会的,我是来改变社会的!”
中国北京大学法学院  刘媛媛(演讲)

https://www.youtube.com/watch?v=raRChfRm-hA

カテゴリー
ブログ 社長ブログ

石川県はどの国の観光客が多いか?

今回のブログでは、当社が位置する石川県における外国人観光客数の状況をみていきたいと思います。

次の表の赤枠は平成26年と27年の石川県に訪れた外国人観光客数です。

平成27年度石川県観光入り込み客数(推移)について

年間で約36万もの外国人の方々が石川県を訪れています。
平成26年から27年の比較で、約124%増という大きな伸びが見られます。

では、どの国や地域から来ているのか?
兼六園の統計が詳しく取られていまして、そちらが参考になります。

小松空港に国際便が運航している上海(中国)、台北(台湾)、ソウル(韓国)は人の行き来が自然と多くなることもあり、やはり人数も多いです。

台湾からの人数が突出して多いですね。

アメリカ、欧米からの数が増えているのが目立ちます。要因としては、ミシュラン旅行ガイドで兼六園が三つ星を獲得していることが挙げられます。

まとめますと石川県の外国人旅行客は、近隣のアジア諸国や欧米からが多いと言えます。
こういったバックグラウンドがある石川県ですが、翻訳を扱う会社として翻訳需要が前述の数字と強く連動していると考えています。

例えば、小松空港やJR金沢駅の外国表示は、

英語
中国語簡体字(中国向け)
中国語繁体字(台湾向け)
韓国語

の4言語で表記されています。

さらに、観光に関する主なページを見てみましょう。
●石川県観光情報ページ「ほっと石川 旅ネット」
http://www.hot-ishikawa.jp/
(英語、フランス語、ドイツ語、中国語簡体字、中国語繁体字、韓国語、タイ語、インドネシア語)
●金沢市観光ホームページ「金沢旅物語」
http://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/
(英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、中国語簡体字、中国語繁体字、韓国語、タイ語)
●北陸・加賀温泉郷の観光・旅行情報サイト「KAGA 旅・まちネット」
http://www.tabimati.net/
(英語、中国語簡体字、中国語繁体字、韓国語)
●兼六園・金沢城ホームページ
http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/japanese/top.html
(英語、中国語簡体字、中国語繁体字、韓国語)

こういった情報から読みとると、観光客からのニーズが高いところと翻訳需要は連動していることがよくわかるので、ビザの発給緩和といった観光客増の施策が実行されると翻訳のニーズにも大きな動きがあります。

東京オリンピック開催など、外国人観光客の増加を期待できる出来事が控えています。
こういった過去のデータを基に社会のお役に立てるサービスは何か?とよく考えます。

●石川県観光客情報の参照元
http://toukei.pref.ishikawa.jp/dl/3229/kankoutoukeiH27.pdf
※石川県観光戦略推進部観光企画課発表の資料より

カテゴリー
Greeting Greg’s blog ブログ

A Short Introduction

Hello world!

Please allow me to introduce myself. I’m Greg, one of the in-house translation specialists at Expressions. As you might be able to guess, I do translation into English.

I’ve lived in Japan since 2008, in a broad variety of locations that run the gamut from rural to urban, and have developed quite an interest in the sorts of things and places that don’t ordinarily tend to be covered in travel shows and other tourism-oriented places.

Also food. I care perhaps a little too much about food, which is good for me, because so does Japan.

I hope to share some of my favorite parts of everyday Japan with the world, and draw more attention to the sorts of things that aren’t necessarily especially exotic, but are still kind of nice overall. I hope you’ll look forward to it!

カテゴリー
ブログ 社長ブログ

会社案内を刷新しました

先日、当社の会社案内パンフレットを刷新しました。

A5サイズ×8ページになり、広げるとA3サイズになります。
シンプルでわかりやすく、を心がけて作成しました。

表紙には当社のミッションである「社会の国際的な発展に貢献する。」を大きく掲載しました。
皆様に当社のことをもって知っていただくために活躍するツールになれば嬉しいです。

カテゴリー
ブログ 社長ブログ

読書感想/『新・観光立国論』 デービッド・アトキンソン

思索するための大変良い刺激になった本でしたので、
記憶としてしっかり留めておくために感想を記します。
shin-kankorikkoku.jpg

著者のデービッド・アトキンソン氏はイギリス出身ながら
文化財の修理や施工をする会社の代表取締役と務めています。

2006年まではゴールドマンサックスでアナリストをしていたという
異色の経歴の持ち主です。日本には25年以上もの長きに渡り住んでいます。

本書は日本の伝統文化の状況を熟知し、
非常に高い分析能力を持った英語圏出身の人が書いた、
日本に対する観光立国に向けた提言です。

私が特に印象に残ったポイントをまとめてみます。

●観光立国が持つ4条件

観光立国のための4条件は「気候」「自然」「文化」「食事」。
日本はこの4条件を持つ稀有な国である。

●お客様(海外旅客)の満足を追求するべき

日本の「おもてなし」は大変素晴らしいものであるが、
日本人が喜ぶものを海外旅客が同様に喜ぶとは限らない。
国や性別、年齢ごとに指向や習慣が異なるわけなので、
ターゲットに合わせたサービスを提供しなければ、
確かな満足を得ることは難しい。リピーターの創出に繋がらない。

●上から目線の姿勢を改めるべき

「おもてなし」を促進からは、
日本のサービスは今のままでの世界の旅客に受け入れられる
という過度の自信が感じられる。

実際に日本に訪れる観光客数はTOP 10にも入らないレベルで、
世界的に見ればまだまだ人気があるとは言えない。
「来ていただく」という姿勢をもっと強めないといけない。

●滞在日数が長い旅客をターゲットにするべき

旅行中にお金を使うのは主に宿泊費と食事代。
滞在日数が長いほど日本の観光収入が増えるのは明白なので、
滞在日数が長い旅客をターゲットにし戦略は立てるべき。

●滞在日数が長いのは遠方からの旅客

データでみると日本の近隣国の人々は滞在日数が短く、
遠方の国々――アメリカやヨーロッパ、オーストラリア――は滞在日数が長い。

オーストラリアは一度の旅行で滞在日数が世界で最も長い。
それは、オーストラリアがどこへ行くにも距離が遠いので、
一度旅行に出ると長い期間になることが多いからだ。

●文化財をもっと活用すべき

欧米の30代以上の人たちは日本文化や伝統への関心がとても高い。
しかし、いざ日本の施設に行ってみても情報が圧倒的に少なく、
真の魅力を伝えているとは言えない。
日本の文化財は知れば知るほど「すごい!」と感じるものが多いので、
もっともっと伝える努力をすべきだ。

私の仕事でも、外国人の目線になって、外国人旅客受入環境の整備や
外国語による情報発信をしなければいけないと常々考えているのですが、
日本人である自分にとって「外国人目線で考える」というのが難しいところがあります。。。

本書はそういった外国人目線の大切さを伝えるとともに、顧客が誰かを明確にし、その顧客に喜んでもらい、どうやって利益を獲得していくか、というビジネスの王道を進めば日本の観光産業の発展が導かれるだろう、と力強く前向きな提言をしています。

日本人では書くことができない有益な情報が詰まった本であり、関係各位に大いにオススメしたい一冊として、ご紹介させていただきました。

カテゴリー
ブログ

「中国风」首次亮相!

大家好!我是Reiga。

这里是EXPRESSIONS公司的「中国风」网络日志。

这是我们首次开设中文平台,将届时提供关于中国的中文资讯等,

也希望通过我们的中文平台能与大家共同学习交流、共同进步!

敬请大家关注我们哦!

カテゴリー
ご挨拶 ブログ 社長ブログ

会社ブログ、スタート

これまで一部のスタッフはブログを持っていましたが、会社のメンバーが順番に更新するスタイルに変更することになりました。

テーマは決めずにそれぞれのスタッフの個性を感じていただける内容になればと思っております。

特に社内スタッフはお客様とお会いできる機会が少ないことから、ブログを通じて緩やかなコミュニケーションを図ることができたらステキなことではないか、と思うのです。

ご笑覧いただければと思います!

カテゴリー
Food Greg’s blog Places ブログ

The Secret Ramen District of Kyoto

Kyoto usually brings to mind history and elegant culture, and for good reason. However, Kyoto also has more colleges per capita than any other city in Japan, giving it a second, very different personality.

One particularly good example of these dual personalities is food. While Kyoto has many exceptional kaiseki restaurants, there are also many restaurants for college students, and that means ramen. In fact, on Higashioji-dori, between Ichijoji and Shugakuin stations in northeast Kyoto, there are currently fifteen ramen shops, with no fewer than five more a fairly short distance away.

Perhaps most surprisingly, especially given Kyoto’s reputation for delicate, subtle, refined cuisine, what most of Japan thinks of as thick, rich ramen (like Hakata-style tonkotsu soup, made from pork bones) is considered “average,” or even relatively light, in Kyoto. For ramen, and seemingly ramen alone, Kyoto craves nothing more than something rich, thick, and flavorful.

Kyoto prefers a type of soup called marudori paitan (a type of chicken soup made by cooking chickens, meat and all, at a rolling boil, instead of the usual clear chicken stock made by simmering carcasses without the meat, making sure to prevent it from coming to a boil), and in extreme cases the soup is thick enough to nearly be a sauce — the noodles sit on top of the soup, instead of sinking into it, necessitating stirring.

In fact, the original Tenka Ippin (a relatively famous chain, known for their rich chicken soup) is located in this part of Kyoto, and in recognition of local and nationwide ramen preferences, their thickest and richest ramen soup is only available at their original shop in Ichijoji.

If you find yourself in Kyoto and you’re a fan of ramen with rich, thick soups, it’s worth making a trip to this area to try some out! My personal favorite is Akihide (the last one in the video), but when there’s this much competition, you’ll find that everyone is great, just as a matter of keeping up with the surroundings.

カテゴリー
Greg’s blog ブログ

Loanwords: Not as Safe as You’d Expect!

One big surprise, when working with multiple languages, is that loanwords often have different meanings from the original language. This is natural, of course, as languages change and evolve over time, but it’s always a bit of a surprise to run across.

For example, English has a few loanwords from Japanese that are now almost unrecognizable: “tycoon” in English refers to a rich and influential businessperson, but it comes from 大君 (taikun), an old term used to refer to a sovereign (akin to “his majesty”). Likewise, the word “honcho” — usually “head honcho” — is used in casual American English to mean “the person in charge,” brought back after the soldiers in the postwar occupation learned the word 班長 (hanchō, “group leader”).

Of course, many English words have different meanings in Japanese. オリジナル (“original”) in Japanese is more or less exclusively used in the sense of “originality,” or “new and unique,” as opposed to its usual English meaning of “the first.” On the other hand, グッズ (“goods”) is closer in nuance to “merchandise” in Japanese, generally being used to refer to, say, licensed character merchandise (“character goods” in Japanese) or sporting goods (スポーツグッズ). Despite being a perfectly fine phrase in Japanese, referring to “original goods” in English is going to raise some eyebrows — something like “commemorative items” or some form of “merchandise” would be much closer in meaning to the Japanese, depending on the context.

These are good examples of how many loanwords change: often, a loanword has a narrower meaning than the word in the original language.* “Sauce” in English can mean any type of sauce, such as dipping sauces or béchamel sauce or barbecue sauce, but the loanword ソース in Japanese by itself usually refers something more along the lines of Worcestershire sauce specifically. On the other hand, English does the same thing: the word “salsa” was taken from Spanish, where it simply means “sauce.” As a result, the Japanese word サルサソース (“salsa sauce”) effectively means “sauce sauce”!

*Once in a while, interestingly, the opposite happens. For example, the English word “juice” has been adopted by Japanese as a loanword and, over time, has come to also encompass basically all other cold, sweet, non-alcoholic drinks, such as, say, cola.