カテゴリー
未分類

社長ブログ

  • 社員との面談

    代表に就任して約6か月が経過したこともあり、会社とスタッフの振り返りをする目的で、社員とパートスタッフ全員との面談を行いました。

    代表になってからは初めての面談です。

    一人あたり約1時間として、十数時間を使ったわけですが、それだけの時間を使った価値はあったというのが率直な感想です。

    自分自身と会社の良かった点(成果)と改善したい点(課題)を、事前にスタッフから私にテキストで送ってもらい、それを基に面談して深堀りし、僕の方からのフィードバックや会社の今後について伝えるのが大まかな流れです。

    ここが良かった!として挙がった点を、一部ですが紹介します。
    ・これまでにないタイプの仕事に挑戦し無事に完了できた
    ・複雑で難しい案件を無事に遂行できて自信に繋がった
    ・誰も新型コロナウイルスに感染することなく、大きなトラブルもなく仕事ができた
    ・これまでの経験を活かし、お客様の要望に先回りして対応することができた
    ・リモートワークが定着し、多様な働き方が可能になった

    そして、課題として挙がった点はこういった内容です。
    ・新しいテクノロジーの情報収集と自社への導入がほとんどできていない
    ・情報の共有化が進んでいることは良いが、未だ不十分である
    ・担当者が不在時の対応について、改善の余地が多い
    ・リモートワークが定着した、現在の状況に適すルール整備が必要である
    ・自分だけではなく周りの働きやすさや成果が上がるように配慮したい

    その他にも課題はたくさん出てきましたが、「こうすれば、もっと会社が良くなるのでは?」という前向きな意見やアイデアばかりだったのが、私としてはとても嬉しかったです。

    課題を整理して会社に落とし込んでいきます。

    先日、朝の報道番組を見ていたところ、千葉県知事に就任された熊谷俊人さんが、これからの時代のリーダーには「エネルギーや知恵を結集する力」が大事な能力になる、と述べられていてとても共感しました。

    自分の能力の限界はありますが、組織の可能性は非常に大きく広いものだと思いますので、みんなのエネルギーと知恵を結集できるように努めてまいります。