カテゴリー
Food ブログ 未分類

工場直送のフライパンの話

コロナ禍で外食する機会はめっきり減っている昨今ですが、みなさんのお家ではどんな調理器具を使っているでしょうか。

全般的に薄めの鍋を英語だとpanと言います。私たちが普段使っている「フライパン」という言葉はてっきり和製英語だと思っていましたが、調べてみると英語ではfrying panと表記するのでほぼ英語のままです。frying は油で揚げるとか炒めるという意味なので、そういう用途で使えるpanという意味だと思います。flying pan(空飛ぶパン)と間違える人はいないと思いますが、夫婦喧嘩をした時などはフライパンが飛んで来る可能性は捨てきれないので、別の意味で気を付けてください。すみません、アメリカンジョークのようなオチになってしまいました。ちなみに、深めの鍋はsauce panとかpotになります。

私が独身の頃から長年愛用しているのが中華鍋です。辞書を調べてみるとChinese wokとかround-bottomed panとの記載がありました。私の持っているのは片手持ち型の北京鍋なので、Beijing wokというらしいです。中華鍋は鉄製なので、火の通りがとっても速くて野菜炒めなどに重宝しています。カレーライスを作る時にひと手間かけてジャガイモをしっかり炒めてからカレーの鍋に入れるとホクホクになって美味しいので超絶オススメです。底が深いので簡単な揚げ物も可能です。丸い形をしているので衛星放送の受信にもチャレンジしたいと思っています。すみません、冗談です。ちなみに、両手持ちの場合は、広東鍋なのでGuangdong wokというらしいです。

中華鍋は非常にユーティリティーが高いのですが、鉄製で重いので女性や子供だと片手で振れない点が家族からは不評です。従って我が家にも普段使いのフライパンというものが存在します。こちらの方が中華鍋よりも台所の主役だと言えます。

ある日、フライパンの通信販売のチラシが家に届きました。少々怪しげな感じもしたのですが、義母が以前から使っていて妻に薦めていたメーカーだったので、品質は確かなようです。チラシには、フライパンの外側が無難な薄黄色やオレンジ色の他に、ピンク、ライムグリーン、スカイブルーなど10色ほど色違いのフライパン画像が載っていました。これだけでも少し唖然としてしまうのですが、もっと驚かされたのが「工場から直送します!どの色が届くかはお楽しみ♪」と音符入りでキャッチコピーが添えられていた事です。私はヤクルトスワローズが好きなので、もしスワローズのユニフォームのようなライムグリーンが届いたら楽しそうですね。いやいや、お楽しみじゃなくてむしろ怖いよと。工場から直送するから色は選べないとは、どういう理由づけかと。色が選べないのなら10色も作らずに1色だけでも良かったんじゃないかと。後日、我が家に送られてきたのは、無難な薄黄色でした。広告には少々びっくりしましたが、フライパンの品質はとても良かったです。

カテゴリー
未分類

社長ブログ

  • 社員との面談

    代表に就任して約6か月が経過したこともあり、会社とスタッフの振り返りをする目的で、社員とパートスタッフ全員との面談を行いました。

    代表になってからは初めての面談です。

    一人あたり約1時間として、十数時間を使ったわけですが、それだけの時間を使った価値はあったというのが率直な感想です。

    自分自身と会社の良かった点(成果)と改善したい点(課題)を、事前にスタッフから私にテキストで送ってもらい、それを基に面談して深堀りし、僕の方からのフィードバックや会社の今後について伝えるのが大まかな流れです。

    ここが良かった!として挙がった点を、一部ですが紹介します。
    ・これまでにないタイプの仕事に挑戦し無事に完了できた
    ・複雑で難しい案件を無事に遂行できて自信に繋がった
    ・誰も新型コロナウイルスに感染することなく、大きなトラブルもなく仕事ができた
    ・これまでの経験を活かし、お客様の要望に先回りして対応することができた
    ・リモートワークが定着し、多様な働き方が可能になった

    そして、課題として挙がった点はこういった内容です。
    ・新しいテクノロジーの情報収集と自社への導入がほとんどできていない
    ・情報の共有化が進んでいることは良いが、未だ不十分である
    ・担当者が不在時の対応について、改善の余地が多い
    ・リモートワークが定着した、現在の状況に適すルール整備が必要である
    ・自分だけではなく周りの働きやすさや成果が上がるように配慮したい

    その他にも課題はたくさん出てきましたが、「こうすれば、もっと会社が良くなるのでは?」という前向きな意見やアイデアばかりだったのが、私としてはとても嬉しかったです。

    課題を整理して会社に落とし込んでいきます。

    先日、朝の報道番組を見ていたところ、千葉県知事に就任された熊谷俊人さんが、これからの時代のリーダーには「エネルギーや知恵を結集する力」が大事な能力になる、と述べられていてとても共感しました。

    自分の能力の限界はありますが、組織の可能性は非常に大きく広いものだと思いますので、みんなのエネルギーと知恵を結集できるように努めてまいります。

カテゴリー
未分類

Greg’s blog

  • A Trip Up North

    It’s been a while since the last time I’ve posted here; the busy season is starting to ease up, and there’s finally time to share a little bit of my personal life on here.

    Last September, my wife and I took advantage of the long weekend to explore the Noto Peninsula in northern Ishikawa — for whatever reason, we’d somehow never gotten around to visiting most of Noto, and there’s a lot up there to enjoy.

    The Chirihama Beach Driveway is a popular destination, and for good reason: it’s a lot of fun to drive your car on a beach! (Incidentally, having a car made safely traveling during the pandemic a lot easier, especially because we made a point of doing things like eating meals at weird hours to avoid crowds whenever possible.)

    Being able to drive directly on the beach seems like it shouldn’t be that exciting, but somehow it’s a really unique experience. The sand is, unsurprisingly, exceptionally hard, to the point where if you stomp on it, the most it might do is crack.

    We stopped at a roadside rest area near the Chirihama Beach Driveway, to take advantage of their free car shower (to wash off the sand), and found a collection of fun sand sculptures!

    In addition to this large main one by the entrance, there were a number of others around, presumably all sculpted by taking advantage of the incredibly fine, hard sand.

    We continued our trip up along the coast with a late lunch at a charming little restaurant with an exceptional view and (importantly!) outdoor seating. What I didn’t expect was how they presented their menu:

    Udon noodles with nori seaweed: ¥650.

    Incidentally, their “business cards” were also small stones with their name and address hand-painted on. Very charming!

    We finished our drive along the coast with a stop at an old-fashioned Agehama-style salt farm. In addition to the “real” hands-on experience, they also have a bucket of water where anyone can try out the technique they use to sprinkle the seawater onto the sand (so they can concentrate the saltiness before washing it off and cooking it out into salt). It’s much harder than it looks — you need to twist your wrist as you throw out the water! (Special thanks to my lovely wife, for serving as the model in this video)

    If you’re ever in Noto, I definitely recommend stopping by and trying this out in particular! I could have spent all afternoon trying to perfect my saltwater-throwing technique. And of course, there’s plenty more to see and do in Noto, but that’ll have to wait for another day.

カテゴリー
未分類

NareCafé Blog

カテゴリー
未分類

Expressions Blog

Expressions Blog

エクスプレッションズのスタッフブログ

  • 工場直送のフライパンの話
    コロナ禍で外食する機会はめっきり減っている昨今ですが、みなさんのお家ではどんな調理器具を使っているでしょうか。 […]
  • If Anything Happens I Love You
    My favorite film, If Anything Happens I Love You, was n […]
  • 社員との面談
    代表に就任して約6か月が経過したこともあり、会社とスタッフの振り返りをする目的で、社員とパートスタッフ全員との […]
  • A Trip Up North
    It’s been a while since the last time I’ve […]
  • 宿泊施設オープン:小将町ステイ
    新しい宿泊施設「小将町ステイ」がオープンします! 金沢市内、兼六園から徒歩5分ほどにある小将町というエリアに位置しています。
  • 副業という働き方
    本日(3月3日)付けで、新しいスタッフが入りました。 副業として当社で働くスタイルです。当社として初めての取り […]
  • ある雪の日(リモートワークのその後)
    昨年春の緊急事態宣言をきっかけに当社では全社的に希望すればリモートワークをできる体制整備を進めました。 その時 […]
  • ウェブサイトのリニューアル
    少し前のことになりますが、コーポレートサイトをリニューアルをしました!https://expressions. […]
  • インバウンド 中国語セミナー
    越前加賀インバウンド推進機構様主催の語学セミナーの講師を当社スタッフが努めさせていただきました。 インバウンド […]
  • 外国語ナレーション収録のニューノーマル | 英語ナレーターの選び方
    ボイスタイプ別 英語ナレーターの選び方 NareCaféではさまざまな言語のナレーション収録に対応していますが […]
  • 工場直送のフライパンの話

    コロナ禍で外食する機会はめっきり減っている昨今ですが、みなさんのお家ではどんな調理器具を使っているでしょうか。

    全般的に薄めの鍋を英語だとpanと言います。私たちが普段使っている「フライパン」という言葉はてっきり和製英語だと思っていましたが、調べてみると英語ではfrying panと表記するのでほぼ英語のままです。frying は油で揚げるとか炒めるという意味なので、そういう用途で使えるpanという意味だと思います。flying pan(空飛ぶパン)と間違える人はいないと思いますが、夫婦喧嘩をした時などはフライパンが飛んで来る可能性は捨てきれないので、別の意味で気を付けてください。すみません、アメリカンジョークのようなオチになってしまいました。ちなみに、深めの鍋はsauce panとかpotになります。

    私が独身の頃から長年愛用しているのが中華鍋です。辞書を調べてみるとChinese wokとかround-bottomed panとの記載がありました。私の持っているのは片手持ち型の北京鍋なので、Beijing wokというらしいです。中華鍋は鉄製なので、火の通りがとっても速くて野菜炒めなどに重宝しています。カレーライスを作る時にひと手間かけてジャガイモをしっかり炒めてからカレーの鍋に入れるとホクホクになって美味しいので超絶オススメです。底が深いので簡単な揚げ物も可能です。丸い形をしているので衛星放送の受信にもチャレンジしたいと思っています。すみません、冗談です。ちなみに、両手持ちの場合は、広東鍋なのでGuangdong wokというらしいです。

    中華鍋は非常にユーティリティーが高いのですが、鉄製で重いので女性や子供だと片手で振れない点が家族からは不評です。従って我が家にも普段使いのフライパンというものが存在します。こちらの方が中華鍋よりも台所の主役だと言えます。

    ある日、フライパンの通信販売のチラシが家に届きました。少々怪しげな感じもしたのですが、義母が以前から使っていて妻に薦めていたメーカーだったので、品質は確かなようです。チラシには、フライパンの外側が無難な薄黄色やオレンジ色の他に、ピンク、ライムグリーン、スカイブルーなど10色ほど色違いのフライパン画像が載っていました。これだけでも少し唖然としてしまうのですが、もっと驚かされたのが「工場から直送します!どの色が届くかはお楽しみ♪」と音符入りでキャッチコピーが添えられていた事です。私はヤクルトスワローズが好きなので、もしスワローズのユニフォームのようなライムグリーンが届いたら楽しそうですね。いやいや、お楽しみじゃなくてむしろ怖いよと。工場から直送するから色は選べないとは、どういう理由づけかと。色が選べないのなら10色も作らずに1色だけでも良かったんじゃないかと。後日、我が家に送られてきたのは、無難な薄黄色でした。広告には少々びっくりしましたが、フライパンの品質はとても良かったです。

  • リモートワークとフリーアドレス
    新型コロナウイルスによる社会環境の変化に合わせて、当社でもリモートワークの推進に3月末くらいから取り組んできま […]
  • 今年の漢字は「改」
    毎年会社の最初のミーティングで、各人が今年の漢字一文字を決めて一年の抱負を語るのが恒例になっています。私は今年 […]
  • タピオカ
    タピオカブームの波が金沢にも来てます〜。 ここのところ石川でもタピオカドリンクを 扱っているお店が増えてきまし […]
  • トランプ大統領は通訳者泣かせ?
    5/25、令和時代の国賓トップに米国のトランプ大統領が来日しました。連日のメディア報道はこれまでにないにぎやか […]
  • 複数ページPDFを、イラレで一気に開く
    PDFの編集作業をイラストレータでしたい場合、 →イラレでPDFを開く →1Pしか開けない →上書き保存で、元 […]
  • 腕立て伏せに関する考察
    翻訳という仕事をしていると、1日中座りっぱなしで、運動というものをほとんどしない生活になってしまいます。 これ […]