カテゴリー
未分類

社長ブログ

  • リモートワークの振り返り

    昨年からリモートワークを導入する企業が増えて、PCを使って仕事ができる業種においては一般化してきたように思います。
    当社も昨年の緊急事態宣言のあとや、5月に石川県に「まん延防止等重点措置」が発出されて以来は、スタッフにリモートワークを推奨し、出社人数を制限しています。
    リモートワークを始めて1年ほどたった段階での考えを記しておくことは、いつかの役に立つのではないかと思い、ブログとして残しておこうと思います。

    リモートワークには、多くの良い点があることは皆さんが感じているでしょう。

    メリット

    ウイルスの感染防止だけではなく、出社の時間とコストのを大きく削減できます。

    当社がオフィスを構える金沢市は、首都圏ほど出勤に時間がかかる人は少ないですが、片道30分以上をかけて車で出勤するスタッフもいます。この労力が無くなるだけでスタッフの負担は大きく減りました。

    次に、集中力向上があります。
    当社の主力業務である翻訳は、非常に集中力を要する仕事のため、ちょっとした物音や人の動きによって集中力がそがれ、作業効率が下がることもあるでしょう。自宅であれば一人で仕事をすることで集中力が高まります。

    距離があってなかなかお会いできない人とオンラインでミーティングがしやすくなったのも良い変化だったでしょう。コロナが収束したとしてもビジネス出張の在り方は大きく変わっていきそうです。

    その他にも様々なメリットを感じられているのではないかと想像します。業種や立場、価値観が変わると、見えてくる良い面がいろいろとありそうです。

    デメリット

    一方、デメリットはどんなものがあるでしょうか。
    これも人によって感じる部分は様々だと思いますが、顔を合わせて会えないことで生じる不便・不都合に収斂されていくように感じています。

    経営者としては、組織にチームワークが落ちていくことは否めないです。顔を合わせて言葉を交わす、ということが人間関係ではとても重要だと気づかされました。
    ほとんどの組織に当てはまると思いますが、一人で完結できる仕事はほとんどありません。社内外の人たちに協力をしてもらいながら進めていきますが、普段は周りに相談しながら仕事を進めていく場合でも、自宅でひとり仕事をしているとコミュニケーションが減っていきます。チャットツールの登場や通信費の低価格化で、オンライン上のコミュニケーションは利便性が向上したと思いますが、リアルでのコミュニケーションが減少することで、組織や仕事への影響は避けられないと感じています。

    オンラインだと一対一のコミュニケーションはしやすいのですが、会議のように複数名が参加し議論する場面ではオンライン(zoom等)では明らかに不十分で、相手の表情を見て議論内容への理解を伺いながら話を進める必要があるときは、リアルで会って会議をする方がベターです。
    今後はオンラインの会議に必要なツールや、会議の技術自体も発達してくると予想されますが、現時点では難しさが前面に表れていると考えています。

    最後に

    今後は100%出社、100%リモートのどちらも採用しづらいですが、その間で良いバランスを探りながら、自分たちの最良の状態を目指していくことになるのかなと思っています。

    あと、最後に。
    オンライン飲み会はあまり流行りませんでしたね。
    食事とコミュニケーションは会って話すほうが根源的な楽しさがありますね^^

カテゴリー
未分類

Greg’s blog

  • The Hottest Café Trend of Three or Four Years Ago

    Some years back, my wife and I discovered the simple pleasures of the espresso tonic: a shot of espresso mixed with tonic water. If you’ve never had one, it sounds pretty bad! Hot espresso, mixed with the sweet and bitter flavor of cold, fizzy tonic water? Somehow, though, it miraculously comes together into more than the sum of its parts, into a drink that is simultaneously richly flavorful and incredibly refreshing.

    Unfortunately, as trends do, espresso tonic faded away as quickly as it came, leaving us sadly deprived of the drink — particularly because we didn’t have an espresso maker at home (at least, not at the time). For a while, it became a thing we occasionally remembered and reminisced about, but mostly in the context of a lost, treasured past.

    Several months ago, though, a new café opened near a bakery that I frequent on the weekends, and the lively, chatty owner has made it worth the trip out just for the conversation. During one of these visits, to enjoy an hour of chatting for the price of an espresso, it came up that my wife could really go for an espresso tonic now that the weather was warming up, but they’re so hard to find.

    Well.

    The next time I visited, I arrived just after the owner of the coffee shop had received a mail-order shipment: seemingly dozens of bottles of tonic water, in multiple flavors. He was so inspired by the previous weekend’s casual desire for an espresso tonic that he decided to not only start selling them, but to challenge himself to find just the right blend of coffee beans to perfectly complement each flavor of tonic water.

    One challenge he did not foresee: the difficulty of opening the bottles without chipping the glass in his enthusiasm.

    Happily, he did carefully filter the tonic water through a paper filter, and the resulting beverage was perfectly safe to drink.

    Though I have yet to take a photo of any of his espresso tonics, please rest assured that they are all delicious. If you haven’t tried this drink yourself, give it a chance if you ever have the opportunity! You may well be pleasantly surprised.

カテゴリー
未分類

NareCafé Blog

カテゴリー
未分類

Expressions Blog

Expressions Blog

エクスプレッションズのスタッフブログ

  • The Hottest Café Trend of Three or Four Years Ago
    Some years back, my wife and I discovered the simple pl […]
  • ショウヘイ・オオタニ
    メジャーリーグでの大谷翔平の活躍が凄まじい。 投げれば三振取りまくって抑えるし、打ってもホームランや長打ばかり […]
  • リモートワークの振り返り
    昨年からリモートワークを導入する企業が増えて、PCを使って仕事ができる業種においては一般化してきたように思いま […]
  • 工場直送のフライパンの話
    コロナ禍で外食する機会はめっきり減っている昨今ですが、みなさんのお家ではどんな調理器具を使っているでしょうか。 […]
  • If Anything Happens I Love You
    My favorite film, If Anything Happens I Love You, was n […]
  • 社員との面談
    代表に就任して約6か月が経過したこともあり、会社とスタッフの振り返りをする目的で、社員とパートスタッフ全員との […]
  • A Trip Up North
    It’s been a while since the last time I’ve […]
  • 宿泊施設オープン:小将町ステイ
    新しい宿泊施設「小将町ステイ」がオープンします! 金沢市内、兼六園から徒歩5分ほどにある小将町というエリアに位置しています。
  • カー・ダイニング
    コロナ渦では安心して外食を楽しむことは難しい。お店には「黙食」をお願いします、との掲示があったりします。 外食 […]
  • 副業という働き方
    本日(3月3日)付けで、新しいスタッフが入りました。 副業として当社で働くスタイルです。当社として初めての取り […]
  • The Hottest Café Trend of Three or Four Years Ago

    Some years back, my wife and I discovered the simple pleasures of the espresso tonic: a shot of espresso mixed with tonic water. If you’ve never had one, it sounds pretty bad! Hot espresso, mixed with the sweet and bitter flavor of cold, fizzy tonic water? Somehow, though, it miraculously comes together into more than the sum of its parts, into a drink that is simultaneously richly flavorful and incredibly refreshing.

    Unfortunately, as trends do, espresso tonic faded away as quickly as it came, leaving us sadly deprived of the drink — particularly because we didn’t have an espresso maker at home (at least, not at the time). For a while, it became a thing we occasionally remembered and reminisced about, but mostly in the context of a lost, treasured past.

    Several months ago, though, a new café opened near a bakery that I frequent on the weekends, and the lively, chatty owner has made it worth the trip out just for the conversation. During one of these visits, to enjoy an hour of chatting for the price of an espresso, it came up that my wife could really go for an espresso tonic now that the weather was warming up, but they’re so hard to find.

    Well.

    The next time I visited, I arrived just after the owner of the coffee shop had received a mail-order shipment: seemingly dozens of bottles of tonic water, in multiple flavors. He was so inspired by the previous weekend’s casual desire for an espresso tonic that he decided to not only start selling them, but to challenge himself to find just the right blend of coffee beans to perfectly complement each flavor of tonic water.

    One challenge he did not foresee: the difficulty of opening the bottles without chipping the glass in his enthusiasm.

    Happily, he did carefully filter the tonic water through a paper filter, and the resulting beverage was perfectly safe to drink.

    Though I have yet to take a photo of any of his espresso tonics, please rest assured that they are all delicious. If you haven’t tried this drink yourself, give it a chance if you ever have the opportunity! You may well be pleasantly surprised.