カテゴリー
ブログ

ショウヘイ・オオタニ

メジャーリーグでの大谷翔平の活躍が凄まじい。

投げれば三振取りまくって抑えるし、打ってもホームランや長打ばかりで、超一流のSlugger だ。

渡米した当初は「メジャーで二刀流なんて無理だ、どちらかに専念させるべき」といった意見が多かったが、いまでは、「投手でも打者でもとにかくすごいのでどちらも見たい。彼の好きなようにさせよう」という声が多くなってきていて、痛快だ(*´∀`*)

さて、その大谷を称賛する英語がおもしろいので、いくつか紹介したい。
いずれも、とにかく人間を超えている、という感じです。

Shohei Ohtani is a human cheat code
ショウヘイ・オオタニは、人間のチート

Shohei Ohtani Unleashed
..the Angels’ “super freak” is dominating as a hitter and a pitcher.
エンゼルスのスーパーフリーク
https://www.nytimes.com/2021/05/14/sports/baseball/shohei-ohtani-unleashed.html

A unicorn is usually defined as “a mythical animal generally depicted with the body and head of a horse with long flowing mane and tail and a single often spiraled horn in the middle of the forehead.”
Or, they could’ve just gone with “A unicorn is Shohei Ohtani.”

ユニコーンとはショウヘイ・オオタニである

https://yhoo.it/3inQA1d

カテゴリー
ブログ 社長ブログ

リモートワークの振り返り

昨年からリモートワークを導入する企業が増えて、PCを使って仕事ができる業種においては一般化してきたように思います。
当社も昨年の緊急事態宣言のあとや、5月に石川県に「まん延防止等重点措置」が発出されて以来は、スタッフにリモートワークを推奨し、出社人数を制限しています。
リモートワークを始めて1年ほどたった段階での考えを記しておくことは、いつかの役に立つのではないかと思い、ブログとして残しておこうと思います。

リモートワークには、多くの良い点があることは皆さんが感じているでしょう。

メリット

ウイルスの感染防止だけではなく、出社の時間とコストのを大きく削減できます。

当社がオフィスを構える金沢市は、首都圏ほど出勤に時間がかかる人は少ないですが、片道30分以上をかけて車で出勤するスタッフもいます。この労力が無くなるだけでスタッフの負担は大きく減りました。

次に、集中力向上があります。
当社の主力業務である翻訳は、非常に集中力を要する仕事のため、ちょっとした物音や人の動きによって集中力がそがれ、作業効率が下がることもあるでしょう。自宅であれば一人で仕事をすることで集中力が高まります。

距離があってなかなかお会いできない人とオンラインでミーティングがしやすくなったのも良い変化だったでしょう。コロナが収束したとしてもビジネス出張の在り方は大きく変わっていきそうです。

その他にも様々なメリットを感じられているのではないかと想像します。業種や立場、価値観が変わると、見えてくる良い面がいろいろとありそうです。

デメリット

一方、デメリットはどんなものがあるでしょうか。
これも人によって感じる部分は様々だと思いますが、顔を合わせて会えないことで生じる不便・不都合に収斂されていくように感じています。

経営者としては、組織にチームワークが落ちていくことは否めないです。顔を合わせて言葉を交わす、ということが人間関係ではとても重要だと気づかされました。
ほとんどの組織に当てはまると思いますが、一人で完結できる仕事はほとんどありません。社内外の人たちに協力をしてもらいながら進めていきますが、普段は周りに相談しながら仕事を進めていく場合でも、自宅でひとり仕事をしているとコミュニケーションが減っていきます。チャットツールの登場や通信費の低価格化で、オンライン上のコミュニケーションは利便性が向上したと思いますが、リアルでのコミュニケーションが減少することで、組織や仕事への影響は避けられないと感じています。

オンラインだと一対一のコミュニケーションはしやすいのですが、会議のように複数名が参加し議論する場面ではオンライン(zoom等)では明らかに不十分で、相手の表情を見て議論内容への理解を伺いながら話を進める必要があるときは、リアルで会って会議をする方がベターです。
今後はオンラインの会議に必要なツールや、会議の技術自体も発達してくると予想されますが、現時点では難しさが前面に表れていると考えています。

最後に

今後は100%出社、100%リモートのどちらも採用しづらいですが、その間で良いバランスを探りながら、自分たちの最良の状態を目指していくことになるのかなと思っています。

あと、最後に。
オンライン飲み会はあまり流行りませんでしたね。
食事とコミュニケーションは会って話すほうが根源的な楽しさがありますね^^

カテゴリー
NareCafé

英語ナレーションのボイストーンが動画の宣伝効果に与える影響について

ナレーションの存在意義

ナレーションとは、「聴覚的な視聴者へのメッセージ」です。特にプロモーション系の動画においては、視聴者に自分が直接訴えかけられているような錯覚を想起させ、そこから人々の共感や好奇心を引き出すのに役立ちます。そういった観点で、動画制作におけるナレーション制作は、ブランディングにも影響を与える大変重要なフェーズです。

そこで、今回は英語ナレーション制作の場面で、ナレーションのボイストーンの違いが動画の仕上がりにどのような影響を与えるか、また、それによって、宣伝効果にどのような変化がもたらされるか、検証を行いたいと思います。

検証動画と英語ナレーターについて

今回の検証に使用する動画と英語台本、及び日本語字幕は、リゾート地のプロモーションビデオをイメージして当社がオリジナルで作り上げたものです。
本来は、動画の用途やターゲットにあわせた台本・字幕用の表現とするべきですが、今回は比較検証を行うためにニュートラルなトーンで文章を作成しました。

また、前回ボイスタイプ別の英語ナレーターの選び方について解説しましたが、プロジェクトの内容に合わせて自由自在に声を操り、さまざまな雰囲気を演出できるナレーターが多く存在します。
今回は当社の英語ナレーターAliceを例に、彼女がどれだけ声を変えることができるか、また、それによって、動画のイメージがどれだけ変わるかにもぜひ注目してみてください。


Alice(アリス):演技力の高さと声域の広さが評判で、ビジネス系のナレーションからアニメのキャラクターボイスまで、声の使い分けが巧みな実力派の英語ナレーター。
日本の歴史博物館の音声ガイドや伝統芸能の英語ナレーションなど、日本語固有名詞を多く含むナレーション案件も多数対応していることから、日本語の発音の上手さにも定評があります。

5つのボイストーンと完成動画

コマーシャル/ストレート

一般的なコマーシャル系の英語ナレーションに使用されることの多いボイストーン。以降で紹介する4つのタイプと比較するとやや無機質な印象があるかもしれませんが、そのフラットさが、かえって多くの人の耳に自然とすっと馴染むナレーションに仕上がっています。そのため、特定のターゲット層というよりも、幅広い層に届けたい動画との相性が良いとされます。

エレガント/ラグジュアリー

やや低めでゆったりしたテンポのナレーションが、動画を瞬時に上品でラグジュアリーな雰囲気に演出し、視聴者を映像の世界観へ引き込みます。このリゾート地に優雅さや憧れを感じさせ、高級感のあるブランディングを行うのに一役買っています。

カジュアル/キャッチー

元気いっぱいの明るいトーンで、このリゾート地を「楽しい」イメージに導きます。「エレガント」のナレーションが、高級感あふれるやや敷居の高い印象を与えるのに対し、実際に友達と会話しているかのような、カジュアルで親しみやすい印象を与えるため、視聴者にとってこのリゾート地が身近に感じられるような動画に仕上がっています。

ウィスパーボイス

吐息が多めの、少し気だるさが感じられるウィスパーボイスで、動画前半に描写されている「仕事で忙しい」ペルソナの心の声がそのままナレーションになったかのようです。それによって、ターゲット層となり得る人々の共感と関心を誘い、視聴者に内省的な感覚をもたらす動画に仕上がっています。

キャラクターボイス

最初のビジネスシーンのイメージに反するキャラクターの声が聞こえる、という多少の違和感が動画にインパクトを与え、視聴者の関心を引きつける効果をもたらしています。これも、「カジュアル」のナレーションと同様、親しみやすい印象に仕上がるため、幅広い層へのブランディングが実現します。

まとめ

各々の英語ナレーションのボイストーンによって動画の印象がここまで大きく変わることに驚いたのではないでしょうか。

また、ナレーターによってはこのように自在に声を操ることが可能であるため、ボイストーンやアクセント、テンポといった微妙なポイントに対しても明確にディレクションを行えば、理想とする英語ナレーションが必ず完成します。そして、伝えたい層へ、伝えたいメッセージを的確に届けることができます。
これは、クライアントが収録の現場に立ち会わずとも、当社で提供している海外リモート収録型の英語ナレーション制作においても、担当スタッフと密にコミュニケーションを取ることで、実現するものです。

上記の観点より、ナレーターの選定やディレクションを動画制作における重要なフェーズと捉え、ナレーションを効果的に利用していきましょう。

カテゴリー
ブログ

工場直送のフライパンの話

コロナ禍で外食する機会はめっきり減っている昨今ですが、みなさんのお家ではどんな調理器具を使っているでしょうか。

全般的に薄めの鍋を英語だとpanと言います。私たちが普段使っている「フライパン」という言葉はてっきり和製英語だと思っていましたが、調べてみると英語ではfrying panと表記するのでほぼ英語のままです。frying は油で揚げるとか炒めるという意味なので、そういう用途で使えるpanという意味だと思います。flying pan(空飛ぶパン)と間違える人はいないと思いますが、夫婦喧嘩をした時などはフライパンが飛んで来る可能性は捨てきれないので、別の意味で気を付けてください。すみません、アメリカンジョークのようなオチになってしまいました。ちなみに、深めの鍋はsauce panとかpotになります。

私が独身の頃から長年愛用しているのが中華鍋です。辞書を調べてみるとChinese wokとかround-bottomed panとの記載がありました。私の持っているのは片手持ち型の北京鍋なので、Beijing wokというらしいです。中華鍋は鉄製なので、火の通りがとっても速くて野菜炒めなどに重宝しています。カレーライスを作る時にひと手間かけてジャガイモをしっかり炒めてからカレーの鍋に入れるとホクホクになって美味しいので超絶オススメです。底が深いので簡単な揚げ物も可能です。丸い形をしているので衛星放送の受信にもチャレンジしたいと思っています。すみません、冗談です。ちなみに、両手持ちの場合は、広東鍋なのでGuangdong wokというらしいです。

中華鍋は非常にユーティリティーが高いのですが、鉄製で重いので女性や子供だと片手で振れない点が家族からは不評です。従って我が家にも普段使いのフライパンというものが存在します。こちらの方が中華鍋よりも台所の主役だと言えます。

ある日、フライパンの通信販売のチラシが家に届きました。少々怪しげな感じもしたのですが、義母が以前から使っていて妻に薦めていたメーカーだったので、品質は確かなようです。チラシには、フライパンの外側が無難な薄黄色やオレンジ色の他に、ピンク、ライムグリーン、スカイブルーなど10色ほど色違いのフライパン画像が載っていました。これだけでも少し唖然としてしまうのですが、もっと驚かされたのが「工場から直送します!どの色が届くかはお楽しみ♪」と音符入りでキャッチコピーが添えられていた事です。私はヤクルトスワローズが好きなので、もしスワローズのユニフォームのようなライムグリーンが届いたら楽しそうですね。いやいや、お楽しみじゃなくてむしろ怖いよと。工場から直送するから色は選べないとは、どういう理由づけかと。色が選べないのなら10色も作らずに1色だけでも良かったんじゃないかと。後日、我が家に送られてきたのは、無難な薄黄色でした。広告には少々びっくりしましたが、フライパンの品質はとても良かったです。

カテゴリー
ブログ

If Anything Happens I Love You

My favorite film, If Anything Happens I Love You, was nominated for a 2021 Oscar for best animated short.

This great animated film doesn’t have dialogue, and depicts the deep grief of parents who lost their daughter in a school shooting.

Some scenes are very haunting and upsetting, and the result is extremely devastating, but it ultimately fills me with the hope for the future.

What I fear the most in my life is to lose my loved ones. I cannot bear to even imagine it. That’s why, I’m ashamed to say, I have hesitated to watch these types of films or documentaries before. Yes, confronting loss and grief is too painful, but now I found one thing through this beautiful film: seeing something with your own eyes, even if it’s art, not just seeing written words, is truly essential to interpreting ourselves and reviewing how we should live better.

If Anything Happens I Love You. This is the title of the film, but also the text message from the girl — whenever I think about the sorrow, depression, and love behind this message, I cannot help myself feeling so sad, but at the same time, I feel like this story rings a bell for everyone, that we might happen to come across this absolute worst part in our lives. Unfortunately, we tend to take our lives for granted, and easily forget how precious life is.

I’m so blessed that I am able to come across a film like this, that could be a kind of reminder for me to cherish every single moment of my life.

The 93rd Academy Awards will take place next week. I’m strongly hoping that this film will win the animated short Oscar.

It’s only twelve minutes long, the art style is minimal and colorless, and not a single word is spoken, but it truly, completely conveys an important message.

This gentle yet brilliant and powerful film is definitely worth watching for everyone who has loved ones.

カテゴリー
NareCafé

翻訳におけるポリティカル・コレクトネスの重要性

ポリティカル・コレクトネスとは

近年の国際化に伴い、ポリティカル・コレクトネスが翻訳作業において重要な概念のひとつとなっています。

ポリティカル・コレクトネス:特定の言葉や所作に差別的な意味や誤解が含まれないように、政治的に(politically)適切な(correct)用語や政策を推奨する態度を指す。

Black Lives MatterやLGBTQなど、人種や性に関する多様性が求められる現代において、ポリティカル・コレクトネスの概念は国際社会において重要性を増しています。

ポリティカル・コレクトネスの中でも、特に性別に関わる概念をジェンダー・ニュートラルと言います。これは、思考、行動、制度などが、伝統的に根付いた性別による役割認識や規範に影響を受けるべきではないとする考え方を指すものです。

日本において、昨年10月に日本航空が、今年3月に東京ディズニーランドが、アナウンスで「Ladies and Gentlemen」「Boys and Girls」という文言を撤廃したのはこのジェンダー・ニュートラルに基づく判断と言えます。

今回は、日本語から英語へ翻訳する場合のポリティカル・コレクトネスの重要性および注意点について、具体的な翻訳例を交えながら解説していきます。

日本におけるポリティカル・コレクトネスの認識

欧米諸国と比較すると、日本におけるポリティカル・コレクトネスの認識は未発達と言えます。例えば、上述したアナウンスにおける「Ladies and Gentlemen」の文言撤廃は、ロンドンやニューヨークでは、すでに2017年に実施されていました。

また、ポリティカル・コレクトネスの概念が顕著に現れるのは職業名です。

日本語でも「看護婦」「看護師」と呼ばれるようになったり、「保母さん」「保育士」と呼ばれるようになったり等、特定の性別が想起される職業名は、そうでない表現に移行、浸透しつつありますが、一方で、「女優」や「カメラマン」といった言葉もまだ存在し、「俳優」や「フォトグラファー」といった言葉へ完全に移行されていないことが分かります。

このように、ポリティカル・コレクトネスの概念が浸透していると言い切れない日本において、企業や個人が海外向けの文章を作成することは、欧米諸国の人々にとって問題視されたり、敬遠されたりするような不適切な表現を、気づかぬうちに含んでしまう可能性をはらんでいるとも言えます。

実際の例を見ていきましょう。

日本で見られるポリティカル・コレクトネスの例

1.「女性でも簡単に~できる」

例えば、使用方法が難しかったり、体力が必要だったりする製品について、「女性でも簡単に~できる」という表現が、日本の製品プロモーション等で見受けられます。しかしながら、これは欧米ではポリティカル・コレクトネスに反する表現となります。

そのため、翻訳では、「専門知識が無くても」「体力に自信のない方でも」のように、状況に応じて言い換える工夫が必要です。

2.「美白」

肌の色の多様性を考慮して、現在欧米諸国では美白・白い肌を指す「whitening」「fairness」「lightening」といった表記を取りやめた化粧品ブランドが多数あります。日本でも、今年3月に花王が「美白」という表記を取りやめることを発表しました。

こういった商品の説明を翻訳する際には、原文にとらわれることなく、商品の持つ効果や特質を考慮しながら文章自体を工夫する必要があります。

3. 単数形の「they」

日本語では彼、彼女、といったように、三人称の代名詞として、男性はhe、女性はsheと使い分けるのが一般的な用法でしたが、近年では男性でも女性でもないという性自認を持つ個人(ノンバイナリー)について「they」が使われるようになっています。

例えば、ノンバイナリーであるRobinという人物について紹介する場合。

“This is Robin. They work at this company.”というふうに言えば、「こちらはロビン。この人(they)はこの会社で働いています。」と、他者に勝手に性別を決められることなく、heやsheを使わずとも、個人について説明出来るようになります。

翻訳では、読み手への「配慮」も必要不可欠

文化の違いから、私達日本人にはまだ気づけないことがたくさんあるでしょう。しかしながら、日々めまぐるしく様々なことが変化する時代において、翻訳においては読解力や表現力といった言語スキルだけでなく、時代の変化にアンテナを張り、それに対応していく姿勢も求められます。

このポリティカル・コレクトネスは、「言葉狩り」とも揶揄され、反論している人々も多くいるのは事実ですが、いつでも伝え手を配慮する姿勢は重要であり、今後も尊重されるべき概念と考えています。

カテゴリー
ブログ 社長ブログ

社員との面談

代表に就任して約6か月が経過したこともあり、会社とスタッフの振り返りをする目的で、社員とパートスタッフ全員との面談を行いました。

代表になってからは初めての面談です。

一人あたり約1時間として、十数時間を使ったわけですが、それだけの時間を使った価値はあったというのが率直な感想です。

自分自身と会社の良かった点(成果)と改善したい点(課題)を、事前にスタッフから私にテキストで送ってもらい、それを基に面談して深堀りし、僕の方からのフィードバックや会社の今後について伝えるのが大まかな流れです。

ここが良かった!として挙がった点を、一部ですが紹介します。
・これまでにないタイプの仕事に挑戦し無事に完了できた
・複雑で難しい案件を無事に遂行できて自信に繋がった
・誰も新型コロナウイルスに感染することなく、大きなトラブルもなく仕事ができた
・これまでの経験を活かし、お客様の要望に先回りして対応することができた
・リモートワークが定着し、多様な働き方が可能になった

そして、課題として挙がった点はこういった内容です。
・新しいテクノロジーの情報収集と自社への導入がほとんどできていない
・情報の共有化が進んでいることは良いが、未だ不十分である
・担当者が不在時の対応について、改善の余地が多い
・リモートワークが定着した、現在の状況に適すルール整備が必要である
・自分だけではなく周りの働きやすさや成果が上がるように配慮したい

その他にも課題はたくさん出てきましたが、「こうすれば、もっと会社が良くなるのでは?」という前向きな意見やアイデアばかりだったのが、私としてはとても嬉しかったです。

課題を整理して会社に落とし込んでいきます。

先日、朝の報道番組を見ていたところ、千葉県知事に就任された熊谷俊人さんが、これからの時代のリーダーには「エネルギーや知恵を結集する力」が大事な能力になる、と述べられていてとても共感しました。

自分の能力の限界はありますが、組織の可能性は非常に大きく広いものだと思いますので、みんなのエネルギーと知恵を結集できるように努めてまいります。

カテゴリー
Greg’s blog Places ブログ

A Trip Up North

It’s been a while since the last time I’ve posted here; the busy season is starting to ease up, and there’s finally time to share a little bit of my personal life on here.

Last September, my wife and I took advantage of the long weekend to explore the Noto Peninsula in northern Ishikawa — for whatever reason, we’d somehow never gotten around to visiting most of Noto, and there’s a lot up there to enjoy.

The Chirihama Beach Driveway is a popular destination, and for good reason: it’s a lot of fun to drive your car on a beach! (Incidentally, having a car made safely traveling during the pandemic a lot easier, especially because we made a point of doing things like eating meals at weird hours to avoid crowds whenever possible.)

Being able to drive directly on the beach seems like it shouldn’t be that exciting, but somehow it’s a really unique experience. The sand is, unsurprisingly, exceptionally hard, to the point where if you stomp on it, the most it might do is crack.

We stopped at a roadside rest area near the Chirihama Beach Driveway, to take advantage of their free car shower (to wash off the sand), and found a collection of fun sand sculptures!

In addition to this large main one by the entrance, there were a number of others around, presumably all sculpted by taking advantage of the incredibly fine, hard sand.

We continued our trip up along the coast with a late lunch at a charming little restaurant with an exceptional view and (importantly!) outdoor seating. What I didn’t expect was how they presented their menu:

Udon noodles with nori seaweed: ¥650.

Incidentally, their “business cards” were also small stones with their name and address hand-painted on. Very charming!

We finished our drive along the coast with a stop at an old-fashioned Agehama-style salt farm. In addition to the “real” hands-on experience, they also have a bucket of water where anyone can try out the technique they use to sprinkle the seawater onto the sand (so they can concentrate the saltiness before washing it off and cooking it out into salt). It’s much harder than it looks — you need to twist your wrist as you throw out the water! (Special thanks to my lovely wife, for serving as the model in this video)

If you’re ever in Noto, I definitely recommend stopping by and trying this out in particular! I could have spent all afternoon trying to perfect my saltwater-throwing technique. And of course, there’s plenty more to see and do in Noto, but that’ll have to wait for another day.

カテゴリー
ブログ

宿泊施設オープン:小将町ステイ

【インバウンド事業のニュース】

新しい宿泊施設がオープンします!
「小将町ステイ」といいます。金沢市内、兼六園から徒歩5分ほどにある小将町というエリアに位置しています。


4月4日~の予約ができます。
https://www.airbnb.jp/rooms/48083041/

3階建ての2ベッドルーム。建物をまるごと貸切できる宿泊施設です。
最大6名様まで宿泊でき、ゆったりとお泊りいただけます。

内装がシックで色味を抑えた仕上がりなので、家具の色味の数を少なくつつ、アクセントとして壁にパネルを設置しました。

宿泊施設は清潔感がとても大切で、アメニティ類は白色で統一しています。

ベッドルームが2つあり、それぞれに浴室とトイレが付いている間取りは意外と珍しく、同じグループでもお部屋を2つに分けたいというご希望に合うスタイルのお宿です。

3階のベッドルーム。バス・トイレ付で、ベッドが3台あります。
2階のダイニングスペースとキッチン
1階のベッドルーム。3階と同様にベッド3台で、バス・トイレ付。
浴室
食器とカトラリー
キッチン道具
洗濯乾燥機
アメニティ

当社が管理している施設の一覧はこちら

カテゴリー
ブログ

カー・ダイニング

コロナ渦では安心して外食を楽しむことは難しい。
お店には「黙食」をお願いします、との掲示があったりします。

外食では会話を楽しんだり、ゆったり過ごしたい。混雑してきたらあたふたと店を出たりでは、積極的に外食する気になれないのです。自宅でデリバリーや持ち帰りのものを食べても、外食での開放感や楽しさを得ることは難しい。

おもしろい記事を見つけました。マレーシアでの「カー・ダイニング」です。

駐車するとウェイターが注文を取りに来て、食事を持ってくる。車内で食事を楽しめるのです。

https://www.jiji.com/jc/article?k=20210225041208a&g=afp

まだ金沢市内でもこういったスタイルは見たことがない。

案外、良いのかもしれない。日本では許可が取れないのかもしれないが、体験してみたいものです。