カテゴリー
ブログ 人気記事 社長ブログ

リモートワークとフリーアドレス

新型コロナウイルスによる社会環境の変化に合わせて、当社でもリモートワークの推進に3月末くらいから取り組んできました。

その結果として出社するスタッフの数が減り、出社頻度がランダムになりました。デスクをあるもののそこにはスタッフがいない、ということが増えてきて、デスクのレイアウトを大きく変更して、さらにフリーアドレスを一部導入することにしました。それが7月。

以前から在宅勤務のスタッフもいましたし、チャットツール(Slack)は3年以上使ってきているので、リモートに移行しやすい環境はすでにありましたが、変化が必要な点も多くありました。

当社の事例が参考になるかどうかはわかりませんが、今後もますますこういった働き方は増えていくと思われます。少しでも参考になることがあれば、嬉しいです。

リモートワークの推進とフリーアドレスの導入に際して当社では次のことを実施しました。


<リモートワークの推進>

・コンピュータをすべてノートPCに変更
デスクトップ型を使っているスタッフもいましたが、すべてノートパソコンに変更し、自宅でも同じコンピュータ環境で仕事ができるようにしました。


・ディスプレイの支給
同様に会社と同じ環境で作業をできるように、ディスプレイを自宅作業用に支給しました。当社ではノートPC+ディスプレイ2台で仕事をするスタッフが多いので、能率を落とさないためにディスプレイはとても重要です。

・社内サーバーに社外からでもアクセスできるようにした
データを保管している社内サーバーに社外からもアクセスできるようにし、社内にいるときと同じ環境を目指しました。

・タイムカードをデジタルに
紙のダイムカードには打刻できなくなりますので、デジタル方式に変更せざるを得ません。


<フリーアドレスの導入>

・各デスクで同じコンピュータ環境を作る
各デスクにあるUSBに差せば、デュアルディスプレイになるように配線を施しました。


・オフィスの簡素化
不要なものを徹底的に処分して、できるだけものを少なくしました。どこにでも座りやすいようにデスクのレイアウトを規則正しい配置にしました。

・Wi-Fiの設置
実はこれまでLANケーブルに繋いで仕事をしていたのですが、今回を機にWi-Fiルーターを設置しました。

・ひとりにひとつデスクワゴン
ロッカー代わりにスタッフひとりにひとつの専用デスクワゴンを支給し、荷物はそこに片づけるようにしました。

取組みを開始して、3か月ほどがたちますが、セキュリティの問題、労務管理を刷新する必要性やコミュニケーションの不足が課題として挙がってきています。

フリーアドレスとはいえ、経理は必要な書類が多いので定位置として、全員に導入するのは非効率なので、一部のスタッフに対してフリーアドレスを導入している状況です。

まだまだベストな仕事環境とは言えませんが、改善を重ねていくことで、例えば数週間海外で暮らしながら昼間は仕事をする、というようなスタイル(ワーケーション)も可能になってくるのではないか、とワクワクしています。

カテゴリー
ブログ 人気記事

今年の漢字は「改」

毎年会社の最初のミーティングで、各人が今年の漢字一文字を決めて一年の抱負を語るのが恒例になっています。私は今年の漢字を「改」にしました。

年を重ねていくと、既存のやり方や習慣を変更しにくいものです。客観的な視点で自分を見つめなおして改善していきたいものです。

そこで、少し前に話題となった「マージナルゲイン」という僅かな改善をいくつも積み重ねて全般的な改善につなげていくという発想を今年は取り入れてみたいと思います。

さて、高齢者ドライバーの事故が多発して社会問題になっている昨今、国を挙げて高齢者の運転免許証の自主返納を促していますが、なかなか返納が進まないのが現実ではないでしょうか。「地方だと車が無いと移動手段が無くなる」。こういう意見はもう大夫前から言われていることですし、実際そうだと思います。

そこで、免許返納者には公共バスなどを無料で使ってもらうという良いアイデアを私は考えつきました。なんて斬新なのだろうと一人悦に入り「ウフフッ」と気持ち良くなっていたら、Googleでよく調べないうちから既に導入している自治体がいくつもありました。

多分、以前に何かそんなニュース等を見た記憶が頭の片隅に残っていて、その事を忘れてあたかも自分が考えた独創的なアイデアだと勘違いしているだけでしょう。なんておめでたい奴なのでしょうか。凡人が頭をひねってアイデアを思いついたところで、既に世界中のどこかで同じよう事を考えているものです。「アイデアに価値なし、アイデアを実用化する方が大事なんっすよ!」。否、そういう意識高い系の人がセミナーなどで喧伝するような事を言いたいわけではありません。

私が本当に言いたかったのはMr.マリックが70歳になったのを機に運転免許を返納したということです。(情報ソース:ネットニュース)。 マジックとトリックを合わせたような名前で、「来てます、来てます、ハンドパワーです」と言って90年代に一世風靡したグラサン&髭の風貌のあの方です(軍事評論家のテレンス・リーじゃないです)。

マジックとトリックを合わせたような超魔術でも老いには勝てなかったということでしょうか。それでもニュースになることで広告塔として社会にしっかり貢献しています。

なかなか運転免許の自主返納を自分の親に言い出せないような家庭もあると思いますが「お父さん、Mr.マリックが運転免許を返納したそうだよ」

と優しく諭すようにすれば、 昭和気質のお父さんでも「あのマジックとトリックを合わせたようなトリッキーな名前のMr.マリックが運転免許を返納したのであれば自分も」と素直に応じるかもしれません 。

それでも頑固に自主返納を拒むようであれば

「お父さんも変わろうよ、氷川きよしもあんなに変わったのだから」

と言ってみるのも妙案です。

自分の考え方を変えなさい、そうすれば世界が変わる
(ノーマン・ヴィンセント・ピールの名言)

カテゴリー
ブログ 人気記事

タピオカ

タピオカブームの波が金沢にも来てます〜。
ここのところ石川でもタピオカドリンクを
扱っているお店が増えてきました!

「タピオカミルクティー」は1980年代、
台湾が発祥で、それから全世界へ。
今やタピオカは世界的なブームになっています!

実は「タピオカ」と呼ぶのは日本だけのようで、
原料のキャッサバのデンプン製造法を、
ブラジルの先住民のトゥピ語で「tipi’óka」と
呼ぶことからきているそうです。

発祥の台湾での呼び名は、
・珍珠奶茶 [zhēnzhū nǎichá] (ジェンジュナイチャ)
・波霸奶茶 [bōbà nǎichá] (ボバナイチャ)
「奶茶」はミルクティ、「珍珠」は真珠、
「波霸」は波という漢字から泡も想像しますが、
なんと胸の大きい女性(巨乳)という意味があるそうです。

世界的にも発音は違えども、
意味としては同様に以下のものが多いです。
・パールティー [pearl tea] (真珠)
・バブルティー [bubble tea] (泡)

よく聞くところで、
ハワイでは「モミティー」 [momi tea] (モミは真珠)、
アメリカでは地域によるようですが、
波霸奶茶(bōbà nǎichá)の発音から取って
「ボバティー」という呼び方もあるようです。

いずれにしてもイメージしやすく、
ユーモアのある名付けですよね〜。
なぜ日本だけブラジルの先住民のデンプン製造法の
呼び名からとったのかは謎なところです…。

でも「タピオカ」という響きは、
南国っぽくて異国の飲み物って感じはします。

私からすると、タピオカといえば
「タピオカミルクティー」のイメージなのですが…

今回の第三次ブームは今までと違って、
タピオカ(ミルクティー)
→タピオカ(ドリンク)
→タピオカ(スイーツ)へ進化をしています!


ミルクティーだけでなく、
いろいろなドリンクと組み合わせたり、
かき氷やアイスのトッピングになっていたり。

また日本でのタピオカといえば黒いイメージですが、
元は白いタピオカで、黒いタピオカは
カラメルなどを加えて色を付けたものだそうです。

このブラックタピオカの他にも、
いろいろな色のカラータピオカがあるそうですよ。

見た目も映え(バエ)て、
夏にぴったりのタピオカ。
まだまだブームは続きそうですね!

進化したタピオカドリンク、
飲みたくなってきました♩

ご相談、お見積もりなど、お気軽にご連絡ください。

Tel: 076-220-6444 (平日9:00〜18:00)

E-mail: biz@expressions.co.jp

カテゴリー
ブログ 人気記事

トランプ大統領は通訳者泣かせ?

5/25、令和時代の国賓トップに米国のトランプ大統領が来日しました。連日のメディア報道はこれまでにないにぎやかなものでした。

首脳会談では意思疎通に欠かせないのが通訳者です。通訳者は黒子役でありながら、両国の関係を左右する陰の立役者とまで言われています。
ネットでは安倍首相の通訳者がすごい!と絶賛されていました。彼は外務省総合外交政策局のキャリア官僚ですが、通訳のための勉強が半端ない!そうです。

5/27、午前11:00から始まった首脳会談。その冒頭では安倍首相とトランプ大統領の発言を両国の通訳者が相手国の言葉に訳していました。

安倍首相は切りの良いところで話を区切り、日本側の通訳者が英語に訳す。まさに逐次通訳の典型とも言えます。通訳はとてもスムーズでした。

次にトランプ大統領の番です。

トランプ大統領は通訳者泣かせなのでしょうか。

途中で区切ることなく、延々と約2分45秒も話し続けていました。すぐ後ろに米国の通訳者が控えていることは知っているはずです。米国側の通訳者はうつむいて一生懸命にメモを取りながら、トランプ大領領の顔を何度も見ていました。

その様子をTVで見ながら、私はガンバレ、ガンバレと心で声援を送っていました。私の勘違いであれば非常にうれしいのですが、米国の通訳者の表情から、早く区切ってほしいという気持ちが見て取れるような気がしました。

米国側の通訳者は、途中言葉に詰まる個所もありましたが、2分45秒の内容を一生懸命に日本語で伝えていました。日本独特の固有名詞を含んだ、膨大な量を一気に訳すのは、メモを取っているとはいえ、至難の業です。

しかし1回目の任務を無事に終えた彼に次の任務はなんと3分の壁でした!

You CAN!とエールを送り、米国の通訳者になぜか親しみを覚えた時間でした。

カテゴリー
ブログ 人気記事

腕立て伏せに関する考察

翻訳という仕事をしていると、1日中座りっぱなしで、運動というものをほとんどしない生活になってしまいます。
これではまずい。ということで、できるだけ毎日30分程度は何らかの運動を心掛けています。

筋トレ的なことも取り入れたいと思います。簡単にできる筋トレとして、まず思いつくのは、腕立て伏せや腹筋かと思いますが、今回は、より効果的な腕立て伏せの方法について考察してみます。

腕立て伏せの負荷を変える方法として考えられるのは、
・足を台にのせて高くする(あるいは逆に手の下に台を置く)
・手をつく幅を変える(広くしたり、狭くしたり)
・つま先ではなくて膝で支える(負荷を軽くする)
・プッシュアップバーを使う(深く体を下ろすことで、大胸筋を伸ばして、負荷を大きくしようとするもののようです)
・おもりやばねを使う(重いベストみたいなものとか、バネあるいはゴムの付いた器具が市販されています)
その他いろいろなバリエーションがあるようです。(「プッシュアップ バリエーション」などで検索)

今回、足を台に載せる場合の負荷の大きさについて、考えてみました(注:あくまで考察であって、正解を出そうというものではありません)。この場合、体に対する腕の向きを変えることによって負荷がかかる筋肉の部位が変わるという効果もあるようですが、今回は負荷の大きさのみに注目しました。

前提条件として、
・体を一番下に下げた状態で、地面に対し垂直方向に力をかける
・体は剛体と考える(頭部は水平に前を向くものとします)
・静的な荷重として考える
・単純に上方へ力を加えるものと考える
・肩の中心の高さ=踵の中心の高さ・つま先は固定
とします。

通常の足を台に載せない状態を、下図のように単純化しました。

ここで、
F:腕により持ち上げる力
Wh:首から上の重量
Wb:首から下の重量
Lh:頭部の重心から手の支点までの距離
La:手の支点からつま先までの距離
Lb:首より下の重心からつま先までの距離
とします。

この場合のつま先(厳密には少しずれそう)を支点とした力のモーメントのつり合いを考えると、
Wb ∙ Lb + Wh ∙ (Lh + La) = F ∙ La
従って、
F = {Wb ∙ Lb + Wh ∙ (Lh + La)} / La
となります。

さらに、足を台の上に載せた場合は、

H:台の高さ
θ:体の傾斜角度
として

Wb ∙ Lb∙cosθ + Wh ∙ (Lh + La∙cosθ) = F ∙ La∙cosθ
従って、
F = {Wb ∙ Lb∙cosθ + Wh ∙ (Lh + La∙cosθ)} / La∙cosθ …(1)
ここで、
La² = H² + (La∙cosθ)²
∴ cosθ = {√(La² − H²)} / La

式(1)に、実際に数値を入れて計算してみます。
身長:約170 cm、体重:約60 kg で、各数値をだいたい
La = 140 cm
Lb = 100 cm
Lh = 20 cm
Wh = 5 kg
Wb = 55 kg
として、Hをいろいろ変えてみます。

cosθ と F の計算式は、それぞれC6とD6のセルで
「=((B$3^2-B6^2)^0.5)/B$3」
「=(F$3C$3C6+E$3(D$3+B$3C6))/(B$3*C6)」
としました(以下コピー&ペースト)。

この結果によると、今回の条件では、足を台に載せても負荷はあまり変わらないということになります。(ただし、検算はしていないので、計算が間違っているかもしれません。また、そもそもこんな計算でいいのかどうかという疑問はあります。)

実際の感覚としては、足を台に載せて少しくらい高くしても、腕への負荷はあまり変わらない気もする(よくわからない)ので、そんなものかなという気もします。

次に、腕の力を入れる方向を、体の中心線に対して直角になるようにする場合について、ついでに考えてみます。

この場合モーメントのつり合いは、
Wb ∙ Lb∙cosθ + Wh ∙ (Lh + La∙cosθ) = F ∙ La
従って、
F = {Wb ∙ Lb∙cosθ + Wh ∙ (Lh + La∙cosθ)} / La …(2)
ここで、上と同様に
cosθ = {√(La² − H²)} / La

上と同様に、実際に数値を入れて計算してみると、

ここで、cosθ と F の計算式は、それぞれC6とD6のセルで
「=((B$3^2-B6^2)^0.5)/B$3」
「=(F$3C$3C6+E$3(D$3+B$3C6))/(B$3)」
となります(以下コピー&ペースト)。

この結果では、足を台に載せて高くするほど、腕への負荷は小さくなっています。(ただし、上と同様に、検算はしていないので、計算が間違っているかもしれません。また、そもそもこんな計算でいいのかどうかという疑問はあります。)

実際の感覚としては、子供のころ、腕立て伏せというものが1回もできなかったのに足を台に載せたら出来たという経験もあり、その点では、この結果と一致します。

今回の考察の結果をまとめると、腕立て伏せをする場合は、
・地面に対して腕が垂直になるように力を入れた場合、足の高さは、それほど関係はない。
・体のラインに対して腕が直角になるように力を入れる場合は、足を高くすると負荷が小さくなる。
ということになりました。