カテゴリー
ブログ 社長ブログ

副業という働き方

本日(3月3日)付けで、新しいスタッフが入りました。

副業として当社で働くスタイルです。
当社として初めての取り組みになります。

本業は旅行会社の営業として勤務していて、先日副業を認める制度に変わったことで、副業先を探していたようです。
元々お付き合いがある会社だったので、副業開始の報せを聞いた私がスカウトしたというのが入社の経緯です。

当社での業務内容は宿泊施設でのチェックインの受付、清掃・リネン交換、施設運営に関わる全般的な業務になります。

普段は旅行会社として宿泊施設にお客様を送客する立場だったわけで、お客様を受け入れする立場としての宿泊施設で働き、バックヤードを知ったり、宿泊者とのコミュニケーションを取ることで、本業とのシナジーを期待できるのではないでしょうか。

我々も異業種である旅行会社で勤務している人の知見を吸収することでプラスの面が少なからずあるでしょう。副業という働き方は今後もさらに一般的になっていきそうです。

就業時間の制限や本業を優先してもらう配慮など、手探りの面がありますが、「まずはやってみる」の精神で、副業スタイルの勤務形態に、会社としてチャレンジします!

カテゴリー
ブログ 社長ブログ

ある雪の日(リモートワークのその後)

昨年春の緊急事態宣言をきっかけに当社では全社的に希望すればリモートワークをできる体制整備を進めました。

その時の様子はこちらの記事にあります。

リモートワークの大きなメリットのひとつとして「通勤時間の削減」があります。都会の企業では通勤時間に数時間かかることも少なくなく、その時間を削減することは肉体的にも精神的にも大きなメリットがあると思います。

一方、金沢のような地方都市では通勤時間がそれほどかからないスタッフも多いです。

ただ、ある時を除いては。。。

そうです、雪の日です!

今日(21年2月18日)のような雪の日は、道路が渋滞し通勤時間が倍以上になることも。
さらに、事故の危険性も増えたり、雪かきをしないと駐車場から出られない(停められない)こともあり、業務以外のことに時間を取られたり、と能率が落ちる要因がたくさんあります。

このような日は自宅作業を推奨しており、自宅作業をしているスタッフが半分ほどおります。

業務に集中することで成果物へのポジティブな反映ができると考えています。

お客様にはご不便をおかけする場面があるかもしれませんが、ご理解の程をお願いできれば幸いです。

カテゴリー
ブログ 社長ブログ

ウェブサイトのリニューアル

少し前のことになりますが、コーポレートサイトをリニューアルをしました!
https://expressions.co.jp/

お問い合わせはウェブサイトを通じていただくことが多いので、

サイト上の情報を充実させることがとても大切です。

私たちが提供するサービスや、スタッフの考えや想い、

新しい情報などを随時お届けしてまいります。

ウェブサイトの更新を重視した結果、コーポレートサイトはすべて社内制作にしました。

行き届かない点があるかと思いますが、時々ご覧いただけると嬉しいです。

カテゴリー
ブログ 人気記事 社長ブログ

リモートワークとフリーアドレス

新型コロナウイルスによる社会環境の変化に合わせて、当社でもリモートワークの推進に3月末くらいから取り組んできました。

その結果として出社するスタッフの数が減り、出社頻度がランダムになりました。デスクをあるもののそこにはスタッフがいない、ということが増えてきて、デスクのレイアウトを大きく変更して、さらにフリーアドレスを一部導入することにしました。それが7月。

以前から在宅勤務のスタッフもいましたし、チャットツール(Slack)は3年以上使ってきているので、リモートに移行しやすい環境はすでにありましたが、変化が必要な点も多くありました。

当社の事例が参考になるかどうかはわかりませんが、今後もますますこういった働き方は増えていくと思われます。少しでも参考になることがあれば、嬉しいです。

リモートワークの推進とフリーアドレスの導入に際して当社では次のことを実施しました。


<リモートワークの推進>

・コンピュータをすべてノートPCに変更
デスクトップ型を使っているスタッフもいましたが、すべてノートパソコンに変更し、自宅でも同じコンピュータ環境で仕事ができるようにしました。


・ディスプレイの支給
同様に会社と同じ環境で作業をできるように、ディスプレイを自宅作業用に支給しました。当社ではノートPC+ディスプレイ2台で仕事をするスタッフが多いので、能率を落とさないためにディスプレイはとても重要です。

・社内サーバーに社外からでもアクセスできるようにした
データを保管している社内サーバーに社外からもアクセスできるようにし、社内にいるときと同じ環境を目指しました。

・タイムカードをデジタルに
紙のダイムカードには打刻できなくなりますので、デジタル方式に変更せざるを得ません。


<フリーアドレスの導入>

・各デスクで同じコンピュータ環境を作る
各デスクにあるUSBに差せば、デュアルディスプレイになるように配線を施しました。


・オフィスの簡素化
不要なものを徹底的に処分して、できるだけものを少なくしました。どこにでも座りやすいようにデスクのレイアウトを規則正しい配置にしました。

・Wi-Fiの設置
実はこれまでLANケーブルに繋いで仕事をしていたのですが、今回を機にWi-Fiルーターを設置しました。

・ひとりにひとつデスクワゴン
ロッカー代わりにスタッフひとりにひとつの専用デスクワゴンを支給し、荷物はそこに片づけるようにしました。

取組みを開始して、3か月ほどがたちますが、セキュリティの問題、労務管理を刷新する必要性やコミュニケーションの不足が課題として挙がってきています。

フリーアドレスとはいえ、経理は必要な書類が多いので定位置として、全員に導入するのは非効率なので、一部のスタッフに対してフリーアドレスを導入している状況です。

まだまだベストな仕事環境とは言えませんが、改善を重ねていくことで、例えば数週間海外で暮らしながら昼間は仕事をする、というようなスタイル(ワーケーション)も可能になってくるのではないか、とワクワクしています。

カテゴリー
ブログ 社長ブログ

町家をリノベーションした宿泊施設がオープン

金沢市東山に町家をリノベーションした宿泊施設がオープンしました!

月読東山
https://www.booking.com/hotel/jp/tsukuyomu-higashiyama.ja.html

当社が管理する施設としては10軒目の施設です。 町家をリノベーションして、冬でも暖かい施設で、トイレや台所といった水回りはすべて新品。とても素敵で快適な施設になりました。 ひがし茶屋街まで歩いて5分ほどのロケーションですが、とても静かな住宅街にあり、夜は静かに過ごしていただけます。
外観
台所
寝室
カテゴリー
ブログ 社長ブログ

谷口吉郎・吉生記念金沢建築館

今年、金沢市にオープンした谷口吉郎・吉生記念金沢建築館。
https://www.kanazawa-museum.jp/architecture/

新しいもの好きとして早速行ってきたのですが、建築の専門知識がなくても展示物を追っていくと谷口親子の偉業と建築の楽しさに触れることができる素敵な施設でした。

特に印象的だったのが、金沢の風景を望むことができる2階のフロア。
そして、こちら。
窓枠、ベンチの角、床材の接合部がすべて一直線に。
意図的なものだと想像するのですが、こんな部分にまでこだわっているのですね。
入場料も安いので、気軽に行きやすいと思います。 ただ、駐車場がないので、その点はご留意ください。


谷口吉郎・吉生記念金沢建築館
〒921-8033 石川県金沢市寺町5-1-18
TEL:076-247-3031 FAX:076-247-3032

開館時間
9:30 – 17:00 (入館は16:30まで)

観覧料金
一般310円 [260円]、65歳以上210円 [210円]、高校生以下無料
*[ ]は20名以上の団体料金
*特別展は別途料金が発生する場合があります

休館日
毎週月曜日*月曜日が休日の場合はその直後の平日
/年末年始 *12月29日から1月3日
*展示資料の整理のため休館することがあります。
カテゴリー
ブログ 社長ブログ

せせらぎ通りに新しい宿泊施設がオープン

当社が管理運営する宿泊施設がせせらぎ通りにオープンしました。

KIKI HOTEL
https://www.booking.com/hotel/jp/kiki.ja.html

1階に3名定員の、2階に5名定員のお部屋があります。シンプルでモダンな内装の素敵なお部屋に仕上がりました!

ロケーションも抜群で、周りにはレストランやお店が多いので、歩いてブラブラするのがとても楽しい場所です。

ゲストに喜ばれる施設になるよう、全力で運営してまいります!

カテゴリー
ブログ 社長ブログ

オススメのレストラン?

「オススメのレストランを教えてください」と外国人旅行者のお客様からよく質問されます。

レストランのオススメは簡単なようでなかなか難しいのですが、いつもオススメするお店の共通項を考えると次のような点があります。

・フラッと行っても(当日予約でも)、席があること

・英語メニューがあること(できれば英語を話すスタッフがいる)

・価格がそれほど高くないこと(1名あたり1万円は超えないくらい)

・地元民にも愛されていること

 

特に最後の「地元民にも愛されている」は、旅行者がレストランを選ぶ大きな基準になっていると感じています。ローカルな雰囲気を味わうことが、旅行の大きな醍醐味のひとつになっているようです。

なので、私自身が好きなお店を紹介することが前提となります。

ご紹介しているレストランは数多くあるのですが、特に評判が良いお店をご紹介します。

〇風和利

尾張町にある町家を改装した居酒屋です。

上記の条件をすべてクリアしていることと、私たちが運営する施設からも近いので、本当によくオススメしています。

お料理の選択肢が幅広く、席数が多いこともあり、多様なお客様を受け入れてくださる素敵なお店です。

 

〇PLAT HOME

彦三にある居酒屋というか、創作和食というか、一般的な分類におさまらないユニークなレストランです。

旬の食材を使ったお料理はどれを食べても美味しいです。お店に行くと、必ず外国人の姿を目にしますが、それほど人気が高いのだと思います。

 

〇AT-SUSHI

小将町にあるお寿司をメインにしたレストランです。

静かな住宅地にあるのであまり知られていない気がしますが、海外で勤務経験があるシェフによるお料理をとてもリーズナブルな価格で提供されています。

 

地元の方々にもオススメなのでぜひ一度行ってみてください!

カテゴリー
ブログ 社長ブログ

よくあるご質問:宿泊施設運営業務について

当社では2017年11月から宿泊施設の運営を開始しましたが、お知り合いの方々によくいただく質問があるので、まとめてみました。

Q どこの国の人の利用が多い?

外国人と日本人の割合は7:3です。
金沢の宿泊者の内訳だと圧倒的に日本人の利用が多いので、当社が運営している施設は外国人利用が多い傾向があります。
当初から言語能力という強みを活かしたいと考えていましたので、外国人の集客に重点を置くのは自然な流れでした。

国別(地域別)だと、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ諸国、中国、台湾のお客様が多いです。
東南アジアの国からのお客様も増えてきています。

Q 金沢に来る外国人の目的は?

私自身も興味がありお客様にお会いするとよく質問しますが、「兼六園に行きたい!」といった明確な目的意識を持っている人は少ない印象です。
・東京や大阪といったメジャーな都市以外を見てみたい
・高山や白川郷の次に行く場所として、金沢が近かった
・友達にオススメされた
・食事が美味しいと聞いた
というような回答が多いです。

行く予定があるスポットだと、兼六園と21世紀美術館、ひがし茶屋街、忍者寺が多いですね。
たまに鈴木大拙館も行くという人がいます。

Q 泊まる人のマナーは悪くないか?

マナーが悪い人はほぼいらっしゃらないです。問題になりそうなこと、例えばゴミの扱いや深夜・早朝の騒音については、チェックインの際に説明をすることで理解して、ルールを守ってくださいます。
説明が不十分だとこちらの意図しない結果になることが考えられるので、注意してほしい点は、予約時のメール、チェックイン時の説明、施設内の案内表示で理解を促進して対応しています。

「これをすれば完璧!」ということはないので、日々改善しながら質の高い運営を目指しています。

=====

実際に外国人のお客様に接することで「なるほど!」と感じることも多く、日々の様々なご要望のお応えしていくなかで、いろいろと学ばせてもらっています。

次回のブログで外国人に人気の金沢のレストランについて書いてみたいと思います。

カテゴリー
ブログ 社長ブログ

新しい宿泊施設がオープンしました

現在、当社で管理している一棟貸切タイプの宿泊施設が新しくオープンしました。

「百合庵」という施設です。
https://www.airbnb.jp/rooms/30516441/ (Airbnb)

金沢では珍しい新築の一棟貸切タイプのお宿です。新築なので清潔感があり、設備も最新のものなので、とても快適にお過ごしいただけます。

片町や西茶屋街まで歩いて5分ほどの好立地。金沢を流れる犀川の河原までは歩いて2分で、朝の散歩に河川敷を歩くことも可能なロケーションです。

金沢にお越しの際はぜひご利用ください!